理想のカップへの豊胸

美容外科では自分の理想の大きさのカップになるために、豊胸手術を受けることが可能です。その方法の一つとして、脂肪注入でのやり方があります。

自分の脂肪を吸引して、その脂肪細胞を胸部に注入することで豊胸を目指していくので、吸引した部分が痩せることも期待できます。また、インプラントを挿入する方法もあります。自分の体質や好みといった一人ひとりに合わせたものを挿入します。

このように、美容外科での手術を受けることで自分の理想とするカップを手に入れることが可能ですが、その際には事前に説明を受けて不安を無くしておくことが大切です。

関連

はじめての豊胸

豊胸手術というと一昔前は切開や縫合がつきもので「怖い」というイメージが強かったかと思いますが、今はメスを使わず手軽で安全性の高い方法も増えてきています。

中でもヒアルロン酸注入による豊胸は、メスを使わず一番安全で自然にバストアップできる施術方法です。
手術によるリスクはほとんどありません。

手術時間は20分程度でダウンタイムもほとんどありません。
ただし、この方法は上限を設けているので大きくバストアップする方には向いておらず、効果も1~2年ほど、しこりになる可能性もあるというデメリットがあります。

一時的に1カップ以下の自然なバストアップを手軽にしたい方には、このヒアルロン酸注入による豊胸がおすすめです。