豊胸とリップリングについて

美容整形外科で行われているシリコンバッグを胸に入れる豊胸手術で起きやすいトラブルのひとつが、リップリングがあります。
これは、胸に入れたシリコンバッグの端が折れ曲がった時に起きるトラブルで、胸の表面が波打つ等、見た目に影響が出てしまう事になります。

胸の大きさに合わないシリコンバッグを入れた時に起きやすいトラブルで、このトラブルを回避する為には、体や胸の大きさに合ったサイズのシリコンバッグを選ぶ事が重要になってきます。

そしてトラブルが起きてしまった場合は、シリコンバッグを取り除き、新たに胸の形を整える施術を受ける事が有効です。

関連

豊胸の人口乳腺法と脂肪注入法の美容整形

豊胸には複数の方法があります。

人口乳腺法というのがあります。これはワキの下付近を少し切開してそこから胸にバックを入れるという方法です。バックの種類もたくさんあり、最近では安全性の高い物が利用されています。

また、傷はあまり目立たない様に美容整形手術を行う事ができ、一度で大きく胸を大きくする事ができるのも特徴のひとつと言えるでしょう。

他の豊胸手術方法としては、脂肪注入法というものがあります。
これは、自分の体の他の部位の不要な脂肪を胸にもってくるという方法です。
この方法は、自分の脂肪なので安全性が非常に高いという事です。

しかし、切開するのではなく、細い管を利用するので、一度に胸を大きくする事は難しい様です。他にも美容整形方法がありますので、自分にあった豊胸をしましょう。

豊胸で高純度の脂肪注入

美容整形の一つである豊胸手術にはさまざまな方法がありますが、高純度の脂肪を注入する手術が注目を集めています。

脂肪注入による豊胸手術は見た目が自然になるというメリットが挙げられます。自身の脂肪を使うので感触も自然ですし、手術を受けたことが周りの人に分かってしまうことはないでしょう。

脂肪注入をして胸を大きくする方法は以前から行われているのですが、最近ではより豊胸技術が進歩してきています。

脂肪注入量を正確にコントロールできるようになったため、脂肪を少しずつ全体的に注入することで生着率がアップします。しかし、一回で注入できる量には限界があるため、より大きなバストになりたい場合は複数回の施術が必要です。